Pocket

B型肝炎の給付金についてはできるだけ早く受け取ることをおすすめします。自分が受給資格を満たしているならば、数十万円から場合によっては数千万円もの給付金が発生することもあるのです。これは絶対に受け取っておくべきものでしょう。きちんと権利を行使するべきです。

弁護士に相談スムーズに手続きを進めて給付金を受けたいならば、弁護士に相談をすることをおすすめします。弁護士に相談をすると必要なことをすべて任せることができます。たとえば自分が給付条件を満たしていることを証明する必要があり、そのためにさまざまな書類や記録を集めなければいけません。それを弁護士に任せることができるでしょう。書類の不備があると給付金を受け取れなくなるかもしれないのです。裁判所は厳正な判断をするため、たとえこちらが被害者だったとしても、書類が不足していればそれで給付金を受け取れなくなってしまいます。そのような失敗を防ぐためにも弁護士に相談をするのが良いでしょう。

また、B型肝炎の給付金については弁護士費用を国が負担してくれる制度が存在しています。こちらを利用することで弁護士に支払うお金を減らすことができます。そのため、より弁護士に相談をしやすくなるのです。