Pocket

B型肝炎の給付金支給は法律によって決められた制度です。そして、こちらは法律によって請求期限が定められているため注意してください。こちらは当初は法律が制定されてから5年間を期限としていました。交付から5年とされていて、請求期限は当初平成29年の月12日までとなっていたのです。ただし、当時推定されていた被害者のうちほとんどの方は給付金の請求をしませんでした。このような事情から法律を改正して期限はより長くなったのです。

期限現在のところ、B型肝炎の給付金支給の期限は平成34年の1月12日までとされています。そのため、この日までに裁判をして給付金の支給を受けることができなければ、本来もらえる方であっても給付金は支給されなくなるため注意しましょう。

国としてはこちらの制度があることをより多くの方に周知させようとしています。未だにこのような制度ができていることを知らない方はたくさんいるからです。また、ウイルス検査についてもどんどん勧奨していき、多くの方に検査を実施してもらおうとしています。自分がB型肝炎に感染していることに気がついていないケースもあるからです。

また、今後も請求期限については変更になる可能性があるでしょう。そのため、その都度期限について調べておきましょう。