B型肝炎の給付金請求は期限がある

B型肝炎の給付金を請求するにあたって請求期限についてお話します

Month: 8月 2018

弁護士に相談する

Pocket

B型肝炎の給付金についてはできるだけ早く受け取ることをおすすめします。自分が受給資格を満たしているならば、数十万円から場合によっては数千万円もの給付金が発生することもあるのです。これは絶対に受け取っておくべきものでしょう。きちんと権利を行使するべきです。

弁護士に相談スムーズに手続きを進めて給付金を受けたいならば、弁護士に相談をすることをおすすめします。弁護士に相談をすると必要なことをすべて任せることができます。たとえば自分が給付条件を満たしていることを証明する必要があり、そのためにさまざまな書類や記録を集めなければいけません。それを弁護士に任せることができるでしょう。書類の不備があると給付金を受け取れなくなるかもしれないのです。裁判所は厳正な判断をするため、たとえこちらが被害者だったとしても、書類が不足していればそれで給付金を受け取れなくなってしまいます。そのような失敗を防ぐためにも弁護士に相談をするのが良いでしょう。

また、B型肝炎の給付金については弁護士費用を国が負担してくれる制度が存在しています。こちらを利用することで弁護士に支払うお金を減らすことができます。そのため、より弁護士に相談をしやすくなるのです。

給付金の請求期限

Pocket

B型肝炎の給付金支給は法律によって決められた制度です。そして、こちらは法律によって請求期限が定められているため注意してください。こちらは当初は法律が制定されてから5年間を期限としていました。交付から5年とされていて、請求期限は当初平成29年の月12日までとなっていたのです。ただし、当時推定されていた被害者のうちほとんどの方は給付金の請求をしませんでした。このような事情から法律を改正して期限はより長くなったのです。

期限現在のところ、B型肝炎の給付金支給の期限は平成34年の1月12日までとされています。そのため、この日までに裁判をして給付金の支給を受けることができなければ、本来もらえる方であっても給付金は支給されなくなるため注意しましょう。

国としてはこちらの制度があることをより多くの方に周知させようとしています。未だにこのような制度ができていることを知らない方はたくさんいるからです。また、ウイルス検査についてもどんどん勧奨していき、多くの方に検査を実施してもらおうとしています。自分がB型肝炎に感染していることに気がついていないケースもあるからです。

また、今後も請求期限については変更になる可能性があるでしょう。そのため、その都度期限について調べておきましょう。

B型肝炎給付金の期限

Pocket

感染症の1つとしてB型肝炎というものがあります。こちらはB型肝炎ウイルスに感染してしまうことが原因となって発症してしまう病気のことです。こちらは特に日本において話題になったことがあります。それは過去に集団感染してしまった方がいたからです。これは社会的に問題となりました。かつて子供達が集団予防接種を受けていた際に、注射器が使い回されるということがありました。これによって感染症がどんどん広まってしまったのです。これは国がきちんと指導をすれば防ぐことができたことです。そこで集団訴訟が行われました。最終的には和解となり、給付金を支給するという制度が生まれました。そのため、被害者の方はB型肝炎給付金を支給されるようになったのです。

給付金ただし、こちらの法律には期限が存在しています。給付金はいつでもずっと請求できるというわけではないのです。期限までに請求しなければいけません。そうしないと、たとえ被害者の方であっても給付金を受け取ることができなくなってしまうのです。そもそも給付金請求ができるということすら知らない方もまだまだたくさんいます。また、自分が給付金を受け取れる対象となっていることに気がついていないケースもあるのです。

こちらではそんなB型肝炎の給付金請求について、請求期限のことに注目してみましょう。期限が訪れるまえに早めに行動しておくべきでしょう。B型肝炎の給付金請求について知っておくべきことを教えます。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén